落ちないメイク!夏の汗ももう怖くない!!

この記事は3分で読めます

images

Sponsored Link

Pocket

最近やっと温かくなってきましたね~。
春や夏はイベントも多く、オシャレをして出かける機会も多いのではないでしょうか♪

そこで出てくる女性の悩みトップ3に入るのは、化粧崩れ!
せっかく楽しいイベントでも、汗のテカりや化粧崩れでテンションガタ落ちなんてことはないでしょうか?!

imgres

化粧崩れのメイクのコツ!なんていうと、ファンデーションの塗り方をちょっと工夫してみたり、最後にメイク崩れ防止スプレーなんて仕上げに使われたりする方もいるのでしょうか。

そんな小手先のテクニックなんかでは、残念ながら夏の汗によるメイク崩れは防げません!

だって、汗は皮脂から出てくるものなのでね、
どんなに上からカバーしたところで浮いちゃうのは簡単に想像出来ますよね(T_T)/~~~

では、どうする?!

とういうことで、日々のお手入れとベースメイクがカギとななります!!

メイク崩れを防ぐお手入れ方法とベース作り

<日々のお手入れ>

お肌のお手入れは、基盤作りですから、最重要です!!
って言ってもコツはたった2つですよ。

1.洗顔後直ぐに化粧水を付ける
洗顔後からどんどん乾燥は始まります。
直ぐに化粧師で水分補給をしてあげることにより、潤いを保つことが出来るのです♡

2.化粧水は2度付ける
化粧水はしっかりお肌に浸透するようにタップリしっかりつけてください。
お肌がモチモチしてきたらOKのサインです♡
温かい季節、露出も増えるので首やデコルテまでたっぷり付けるのがおススメです。

後は、いつもの様に美容液とクリームでしっかりお肌に蓋をしましょう。
夏だからといって、美容液やクリームを乗せないのはNGですよ!

皮脂は乾燥も大きな原因になります。
夏は冷房で乾燥している人が大半ですので、しっかり保湿しましょう!

<日焼け止め>


お手入れ後、一番最初に付けるのは日焼け止めですよ!
夏は紫外線が強いので、UVカット効果のあるファンデーションで済まさず、
しっかり日焼け止めを付けましょう。

<下地>

手間だと言って付けない方も多いようですが、下地は必ず付けてくださいね。
化粧のノリもモチも全然変わります!

Tゾーンは皮脂量が多い為、ヨレの原因になります。
毛穴カバー程度に付けるようにしてくださいね。

<ファンデーション>

最近ではファンデーションでもいろいろなタイプのものが各メーカーから発売されています。
今回は、化粧崩れに強いタイプを重視して選んでみてください。
UV対策は既にしているので、ここではUVより崩れにくいタイプを重要視ですよ!

塗り方のポイントは、厚塗りは絶対ダメ!です。
スポンジ等で薄く均等に載せていきましょう。
もしニキビやシミが気になるのであればコンシーラーでカバーしてくださいね。

クッション型のファンデーションにパウダーは軽くサラサラに載せれるのでお勧めです。
BBクリームなどを使われている場合も、仕上げにパウダーを乗せることでサラサラになりますよ♪

美は一日してならず!
いつものお手入れ、お化粧にちょっとのコツで断然美しさが変わります!
お肌はちゃんと答えてくれるので、美しさの変化を楽しみつつ是非トライしてみてください♪

Sponsored Link

メイク崩れを防ぐメイク!

<チーク>

チークって、年中落ちやすいパーツですよね。
気付くと取れていて、最低1日3回は付け足している気がします・・・。

夏は2タイプを使って、崩れにくいチークを作ってきます。
①クリームチーク
②パウダーチーク

クリームチークとパウダーチークで2層にすることがポイントになります!
落ちにくいだけでなく、パウダーが落ちても下のクリームチークが残っているので、
お肌の華やかさはしっかり残ります。

塗り方のポイントとしては、
クリームチーク→フェイスパウダー→パウダーチークです。
クリームチークの上にパウダーチークを直接塗ってしまうと色味が濃くなり過ぎてしまいます。間にフェイスパウダーを挟むことで自然に崩れにくいチークを作ることが出来るのです♡

images

<マスカラとアイライン>

マスカラとアイラインはポイントですよね。
最悪、大きなクマ状態になっているので・・・!!

マスカラは、やはりウォーターップルーフがおススメです。
マスカラの下地も重要です。
汗でまつげのカーツが取れやすいので、しっかりビューラーでまつげをUPさせてからまつげ用下地を塗ってください。

そして、塗り方のポイントは、厚塗りは絶対ダメ!!
しっかりカールさせることでパッチリ感は出ますので、下地をマスカラでコーティングするイメージで塗りましょう。

アイライナーはまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように引いてください。
そうすると自然にデカ目が出来上がりますよ!

アイライナーを太く引くと、ヨレの原因になりますので、
出来るだけ細く、しっかりまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように引いてみてください。

<眉毛>

眉毛も年中取れやすいパーツですよね。
ここでも2タイプを使って崩れにくい眉毛を作っていきましょう!

リキッドタイプで眉毛の隙間を埋めて、その上からパウダータイプを乗せます。
ここでポイントなのはボカスことです!

しっかりボカスことで、ヨレを防ぐことが出来るので一番のポイントとなりますよ!

メイク以外のメイク崩れのポイント!

と、ここまでしても、暑いので汗は掻くので秋・冬に比べて崩れます。
日中に注意したいポイントもおさえましょう♪

お手洗いのタイミングでティッシュを顔の上に置き軽く押さえて皮脂を拭き取る。
こすらず、ティッシュを置いて軽く抑えるイメージで十分ですよ。

Tゾーン等、皮脂量が多いパーツは油取り紙で抑えてください。

是非トライして、夏のイベントも可愛く、美しく楽しんでください♡

images

Pocket

Sponsored Link

関連記事

  1. imgres
  2. 591_1
  3. images
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。