イタリアにピラミッド!?日本企業 八木通商が太っ腹??

この記事は2分で読めます

imgres-5

Sponsored Link

Pocket

imgres-5imgres

イタリアとピラミッド?

ファッションとイタリア料理のイメージが強いイタリア。

エジプトにあるピラミッドとの関係については、地理的にも文化的にも繋がりがあるとを想像できないですよね???

 

 

なんと、実はイタリアにもピラミッドがあるということはご存知でしたでしょうか??

 

噂のピラミッドはイタリアローマに存在するようで、
紀元前18〜12年前から存在するピラミッドのようです。

 

このピラミッド、またまた繋がりが見えない、
日本企業が近年に大きく関係しているようで、この不思議な繋がりについて調査してみました( ´ ▽ ` )ノ

 

イタリアとピラミッドの関係は?

噂のピラミッドは、

「ガイウス・ケスティウスのピラミッド」と呼ばれるピラミッドです!

imgres-6

大理石で作られており、建設当時は白いピラミッドだったようです。
しかし、現在は大気汚染やスモッグにより灰色のような色に変色しています(´Д` )

イタリアローマ市オスティエンセ、
オスティエンセ街道のサン・パオロ広場にあるピラミッド。

このピラミッドは、紀元前18年から12年の間に建造されたもので、古代ローマの執政官、法務官を務めていたガイウス・ケスティウス・エプロの墓である。
建造された年は、後年、周辺部の発掘により奢侈禁止令が出ていた時代と判明したことからの推測。

実はこのピラミッドの歴史ですが紀元前31年にローマ軍がクレオパトラ率いる、
エジプト制服したアクティウムの海戦の頃まで遡ります。

エジプトを征服したローマですが、エジプトの文化に習って、
富裕層を中心に自分のお墓とするブームがローマにて巻き起ったのがきっかけ( ^_^)

images-8
そのため、たくさんのピラミッドが作られましたが、時間の移り変わりと共に壊され、
このピラミッドが現存する最後のピラミッドのようです。

 

ブームで他国の墓を真似するって、、、
さすが昔から美的感覚に優れた国だったようですねw

Sponsored Link

日本企業 八木通商との関係は?

ようやく日本企業との関係性について調べていきたいと思いますが、

そもそも八木通商とはなんの会社でしょうか??

八木通商株式会社(やぎつうしょう)は、大阪府大阪市中央区に本社を置く、主に衣料品の輸入をおこなう商社である。

主に海外からの衣料品の輸入販売をおこなう。
「GRES」や「Makintosh」など世界有数レベルのブランドと販売契約を結んでおり、国内各都市の百貨店等でも知名度の高いモノが多い。

この他、パリと上海に事務所を構えており、パリで衣料品のバイヤー事業をおこなう一方、上海ではその元となる生地や羽毛、また一部では、国内向けに蜂蜜等の食品の輸入事業も展開している。

八木通商自体は海外の有名ファッションブランドの輸入販売を行っている企業。

 

そして、ピラミッドの関係についてですが、八木通商の八木社長が、
2010年にローマを訪れた際、このピラミッドに惚れ込んだのが事の始まり。

imgres-7

先ほど元々は白いピラミッドと書きましたが、
汚れてしまったピラミッドを修復するため、なんと200万ユーロ(約2億5600万円)を修復費用として寄付!!

 

太っ腹ですね〜〜〜!

 

すでに2012年に修復作業が完了しているようですが、
修復完成の式典も催され非常に感謝されたようですね!!

また式典にはビームス設楽洋 社長も参加( ´ ▽ ` )ノ

images-6

会社の発展に貢献してもらったイタリアへの恩返しとして考えたのが、
ピラミッドの修復だったようです。

感謝の意の表し方が素晴らしいですね!!!

Pocket

Sponsored Link

関連記事

  1. imgres-7
  2. jpg
  3. imgres-1
  4. CM01_eyecatch
  5. images
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。